私はチェーンストアの店長をしながら社労士試験に合格し、翌年実務研修を終了し、資格取得条件を満たす事が出来ました。

とはいえ、私は平凡なバツイチサラリーマンで、社労士
の仕事とは直接的には関係の無い仕事をしていますし、上述の通り試験に合格しました。

その為、資格取得後、何か役に立っているものはあるか??
といわれると明確な回答をすることができないのですが働きながらなんとしても社労士のみならず何か他にやりたい(社労士以外の資格取得でも)時間を有効に使って、自分のスキルをアップしたいと思っている方に対して少しでもお役に立てれば思います。

社会保険労務士資格取得に向けて苦戦中・・・
勉強法が分からない
諦めようかなと思っている方

こんな悩みはありませんか?

社労士試験が難しすぎて諦めようと思う。

やる気はあるが勉強方法が分からない

何カ月やっても全然正答率があがらない

長い間勉強を続けられるか不安

仕事や家事で勉強時間が確保できない

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら1

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら2

無料の資料請求をお勧めします⇒


モンスター社員 対処法


モンスター社員

モンスター社員とは、一般的に社員が関わっている業務内容や福利厚生などについて、文句を言ったり、批判をしたり、自分の思い通りにならないと感情的になったり、周りの判断基準ではなく自分の価値観でしか物事を理解できなかったした特徴のある社員のことをいいます。

自分の意向が、少しでも会社での処遇に不満をもつと、常識では考えられない行動を行ったりします。

正直、社労士や法律の資格を持っている方も、職場同士の付き合いやコミュニケーションは法律でどうかできるものでもない部分もあるので、難しい部分もあります。

常識外れの言動で周囲を振り回すタイプのモンスター社員の特徴や対処法について明記していきたいと思います。

1.自身の権利が制限されすことにことあるごとに反応し必死で抗争しようとする

モンスター社員の特徴は、自身の権利が制限されること対して、必死で抗争しようとするといった特徴があります。

会社が忙しい時期に有給休暇などを平気で取ったり、福利厚生などの制度を徹底的に利用して周りに迷惑をかけても自分の権利は押し通そうとする社員があります。

次回は、そのほかの特徴について明記します。


スポンサードリンク


posted by muko at | 人間関係・職場 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
3カラム構造