私はチェーンストアの店長をしながら社労士試験に合格し、翌年実務研修を終了し、資格取得条件を満たす事が出来ました。

とはいえ、私は平凡なバツイチサラリーマンで、社労士
の仕事とは直接的には関係の無い仕事をしていますし、上述の通り試験に合格しました。

その為、資格取得後、何か役に立っているものはあるか??
といわれると明確な回答をすることができないのですが働きながらなんとしても社労士のみならず何か他にやりたい(社労士以外の資格取得でも)時間を有効に使って、自分のスキルをアップしたいと思っている方に対して少しでもお役に立てれば思います。

社会保険労務士資格取得に向けて苦戦中・・・
勉強法が分からない
諦めようかなと思っている方

こんな悩みはありませんか?

社労士試験が難しすぎて諦めようと思う。

やる気はあるが勉強方法が分からない

何カ月やっても全然正答率があがらない

長い間勉強を続けられるか不安

仕事や家事で勉強時間が確保できない

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら1

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら2

無料の資料請求をお勧めします⇒


社会保険労務士勉強法 6


社会保険労務士の試験勉強するにあたって参考書はあまり増やしすぎない方がいいと思います。

僕はLecの通信講座〔初年度はスクール〕でしたが、Lecのテキストだけで十分でした。あとは模試をして、今の自分がどの位置にいるのかの確認。というか、Lecの通信講座で は、その参考書の量が膨大で、それを覚えるのに精一杯という所でした。

インプットはこれで十分と思います。基本的には最初の半年間はインプットが必要で前述の様な反復学習が必要です。何度も何度も繰り返す事で頭の中に入って行きます。また、出来れば平行して問題集を解いていくと頭の中に入りやすいと思います。

やはり問題を解くと問題に悩む事で覚えやすくなると思います。テキストと平行して問題を解いていく事で、反復学習にもなり頭の中に知識が入りやすくなります。なので、極力テキスト、つまりインプットだけの反復学習はしない方がいいと思います。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士勉強法 4 広く浅くの反復学習


膨大な社会保険労務士の試験勉強をする上で一度や二度ですべてを覚えるのは到底難しいです。

社会保険労務士試験の難しいところとして、膨大な知識を、詰め込まないといけない所にあります。

ただ完璧に覚える必要はありません。満点を取らなくても合格は出来ます。一通りイムプットの学習が終了したら、テキストにしても問題集にしても何度も繰り返す必要があります。
仕事を覚える際も経験してませんか?最初は難しいと思える事も何度も何度も同じ事を繰り返しているうちにいつの間にか覚えていることを。

多少わからなくてもどんどん繰り返すのです。主要8科目の2回転目を1ヶ月で、3回転目を3週間で・・・というようにスパンを短くして復習されることをお勧めします。

これも気が付かないうちに出来る様になります。具体的な勉強法ではないこも知れませんが、一通り勉強スケジュールを立てた後はこの反復学習を、おすすめします。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士 勉強法3 繰り返しの反復学習と各科目の確認


前述の記事で繰り返しの反復学習の重要性を述べてきましたが、
この勉強法で最も大事なのは同じ法律のみに集中しすぎて、他の科目のてが付かない事です。

例えば、労働基準法ばかりを集中的に行い、健康保険法を二ヶ月全く手を付けないとか‥

そうすると、しっかり理解していた健康保険法も忘れてしまう可能性があります。

なので、例えば、健康保険法は重点的にやるものの、何回か勉強している労働基準法は週に一回流して覚えるとか。もちろんこれも完璧でなくても良いのです。慣れてきたら、省略する項目がわかってくるので1時間くらいで一つの法律のテキストを、読む事が出来る様になります。

社会保険労務士の試験に向けた勉強法として頭の中に入れるには科目による強弱をつけた学習法が必要なのです。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士勉強法2 繰り返しの反復学習


社会保険労務士の試験に向けた勉強を、すすめる上で、完璧主義を、捨てる事を述べてきましたが社会保険労務士の試験は確かに難しい語句や難解な文章があります。
しかしながら、試験は暗記する部分が多く、暗記する事に理解ができることもあります。つまり時間が問題を解決し、理解を進めてくれることがあります。

僕自身も4回の受験を経て社会保険労務士の試験に合格する事ができたのですが、テキストや問題集は30回以上読み直していると思います。

理解はしていなくても、何度も何度も繰り返す事で覚えて行くのです。そうすると問題もとけてきます。問題が解ける頃には内容もそれなりに理解できています。
社会保険労務士の試験は多くの法律を理解していかないといけません。その時には理解できていなくても各法律を横断的に進めて行く事で理解できて行くこともあります。

あまり真面目に考えすぎず、何度も何度も繰り返す。繰り返していけば、頭の中に入って行くかな?
くらいの感覚で、完全な理解が、出来なくとも次々と進めることが大事になってきます。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士 勉強法1 完璧主義を捨てる


以前、社会保険労務士の合格方法について記述させてもらいましたが概要程度の説明でしたので、ここではもう少し掘り下げて説明いたします。

まず、社会保険労務士の試験は100点を取る必要はありません。ただ、各科目一つでも基準点を下回ると合格出来なくなります。つまり各科目バランスよく点数取る事で合格出来る試験なのです。

また、最初は意味のわからない語句や文章が多数登場します。しかしながら読んで行くと、勉強して行くとなんとなくわかる事もあります。初学者の方にありがちなのですが最初に全てを理解する事は到底難しいですし、すぐに忘れてしまいます。ここで全てを理解できなくても大丈夫です。前述の通り、広く浅くが大切です。また、この段階で理解できなくとも、その内の理解出来ますし、合格にも近づきます。その為には理解力より根気が必要な資格と言えると思います。

また、後々記事でも説明しますが繰り返しする事か大丈夫で、慣れてくると物凄いスピードで基本書や問題集を読む事が出来ます。慣れるのは大変ですが出来る様になります。根気強く、全てを理解できなくとも何度も繰り返す事が大事です。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格取得の勉強を周囲に言うべきか 2


社労士販売士資格取得に向けてモチベーションを上げには周囲に資格取得の勉強をしている事を言った方がいいいかについて先日のブログで明記させていただきましたが、社労士や販売士資格取得の勉強をしていることをいうことによってマイナスになることもあります。

社労士販売士程の難関資格(とくに社労士は合格率10%未満の資格です。この社労士資格取得を目指すことで仕事がおろそかになってしまう。会社を辞めてしまうのではないか?と思われる上司もいるかもしてません。

単なる自己啓発程度の勉強、資格取得であればいいものの、これほどの資格取得は勉強時間が仕事に差しさわりがあると思われるかもしれません。となると資格取得の勉強をしているのは言わなくてもいいのかも・・・・という考えもあります。

資格手当のある会社だとモチベーションも上がるのかもしれませんが・・・
それでも社労士の資格・人事の基本となる資格は無駄になることはありません。
私は店長としては直接的には役に立っているかわかりませんが、回りからは人を育てるのが上手いといわれることは結構あるんですよ!
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格取得を目指していることを周りにいうべきか? 社労士 販売士


社労士販売士など難関資格取得を目指されている方は
資格取得を目指していることをまわり〔家族、友人、会社の上司、会社の同僚〕などにいうべきか悩まれている方は多いのではないでしょうか?

私は社労士はごく一部の友人にしか言っていませんでした。
理由は落ちたら恥ずかしいというよりも、仮に数年勉強して、合格しなかった場合、今までの無駄な時間を知られるのが嫌だったからです。

販売士の資格取得を目指していることは周りに言っています。しかしながら、社労士の勉強をしていた頃は独身で若く体力もあり、勉強の継続力もあったのでなんとかかんとか勉強の時間の確保ができました。

しかしながら家族を持ち、責任も増えると、毎日の時間の確保とモチベーションの維持がとても難しくなります。

仕事、家族の理解、又、心の安定がないと続けるのは難しいと思っています。
そう簡単には犠牲にできるものでもないし、周りのサポートと自分の心の調和が大事なんですが、今の自分はどっちも出来ていない自分がいます‥。
人間性を磨かなくては‥


posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社労士 通信教育


社労士資格取得を目指されている方は、独学がいいのか?
通信教育がいいのか?スクールに通うのがいいのか?色々悩まれていると思います。

私は初年度はスクール、2年目以降は通信教育で勉強しました。
ただ、スクールと言っても、ビデオ講義を見ているだけなので、質問等も出来ず、捉えようによっては
通信教育と同じなのかな?という感じがします。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

販売士〔リテールマーケティング〕検定 勉強法 2


販売士〔リテールマーケティング〕検定を取得するのに必要な時間は200時間位と言われています。
あくまで標準的な時間ですし、人によって理解力や勉強方法が異なるので、資格取得に必要な時間は概算ですが…。

販売士検定はどちらかというと考えることより覚えることの多い資格です。
となると、社労士の資格を取得した時の様に繰り返し問題集を解くのが、頭の中に入りやすいかと思います。
1回目→問題を解き、出来なかった所の不正解の理由を確認する。
2回目→翌日にできなかった問題のみを解く。〔あまり頭でかんがえず、覚えているかどうかの確認です。
3回目→もう一回できていない所のみを解く。〔これもあくまで覚えているかどうかの確認です。本をパラパラとめくるかんじで、解くというより覚えているかどうかの確認です〕
4回目→一週間後同じくできていなかった問題のみ解きます。〔そらに早くバンバン本をめくって進めます〕
5回目→さらに早く本を読む感じでパラパラめくっていきます。

紹介したのは5回繰り返しですが、10回くらい繰り返すと、一冊二時間くらいで読める様になります。〔飛ばす所がわかってくるので〕

記憶型の資格試験は意味を理解するより、何回も何回も読み返すことが大事だと思います。



posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社労士の難易度と勉強方法について


社労士(社会保険労務士)の難易度は一般的に中小企業診断士や行政書士と
同じくらい難しいといわれています。

現に合格率は毎年5〜8%くらいを推移しています。年によっては5%以下になる場合もあります。
勉強時間も1,000時間は必要とされていますが、僕はもっとしたと思います。

しかしながら今の仕事を辞める勇気が無かったため、働きながら取得しました。
当時は独身で時間があった為、仕事のある日は2時間・無い日は7時間ほど勉強していました。

勉強法として大事にしていたのは、過去問を中心に多くの問題を解くことだと思います。
アウトプットをしないと知識はなかなか身に付かないのとどこか不足しているのかわからないんですね。。。

僕は性格的に飲み会があまり好きでなく、自分で決めたことをコツコツやるのが好きでしたので4年間も継続できたのかもしれません。(3回落ちています・・・・・)

長丁場になる勉強なので、無理をせず体調管理を維持しながらペースをつかむことが大切ですね。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士 勉強法


今回は社会保険労務士になる為の勉強法をご紹介します。

社会保険労務士試験は頭で考えるより、より多くの内容を覚えることが重要です。
しかも科目ごとに足きりがあるので、苦手な科目を作らないことも大事です。

そして、結局は問題が解けないと合格できないので、
→法律の内容を理解→問題と結びつける訓練が非常に重要です。

合格レベルまで近づけるにはテキストの内容を理解した後は
ひたすらテキストの反復学習+過去問の反復学習です。

テキストと過去問は膨大な量のように感じますが、何度も繰り返し読んでいけば
200ページくらいは1〜2日位でさらっと読むことが出来るようになります。
さらっと読むにしても、週一回のペースで読んでいけばあまり忘れることは少なくなります。
社会保険労務士の勉強法、択一試験対策はこの忘れないことが一番重要ですので、繰り返す反復学習を効率的に行わないとどんどん忘れてしまいます。

社会保険労務士の勉強法・選択試験対策は兎に角、問題を多くこなすことにあると思います。
正直選択試験は訳の分からない問題も結構でるので、兎に角問題なれをする事が大事だと思います。
社会保険労務士の勉強法は覚えるために何をするかにかかってくると思います。

この本の学習法は社会保険労務士の勉強法をつかむ私にとって大変参考になりました。
右斜め下
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士のお勧め通信講座+時間の使い方


前回紹介したの社会保険労務士のお勧め通信講座に+勉強法を述べて生きたいと思います。

大手の講座はやはり大都市圏にしかなく、社会保険労務士の資格取得を目指すにあたっても、通信講座しかない方もいると思います。前の記事で社会保険労務士のお勧め通信講座を紹介したところで、通信講座を受講する際の勉強法ですが、ここからは自己管理がとても重要になってきます。

実際私が通信講座を受講する際も毎日同じペースで勉強することが大事なのは分かっていましたが、これがなかなか難しい。
ただ、社会人でありながら社会保険労務士試験の合格を目指す方は平日は2時間、休日は6時間位勉強時間を確保したいと所です。社会保険労務士の通信講座におけるおすすめ勉強法・時間の使い方としてはまず体を朝方に変更することと極力残業をなくし、付き合いをつき1ヶ月ほどにしました。

朝方に変更することで
勉強時間は朝1時間+お昼休みなどの休憩時間30分+夜1時間の勉強で12時までには就寝するようにしました。
また、休日も朝3時間+昼2時間+夜1時間とし余裕のあるプランを立てていきました。
これを決めることで自分自身無駄なじかんがかなり嫌になり、自分自身で言うのもなんですが、仕事のスピードは上がったと思います。

興味のある方は
右斜め下
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士のお勧め通信講座勉強法


私は初年度は大手の資格学校に通っていましたが、2年目以降は社会保険労務新の通信講座を受講することになりました。
社会保険労務士試験を独学のみでクリアするのはなかなか難しいのが現実なので。。。。
理由は自分が転勤族なので、いつ転勤になるか分からなく、転勤先に資格の学校があるか分からなかったからです。

大手の社会保険労務士の通信講座でお勧めなのが、TAC、LEC、クレアールなどです。
一番相性の良いところが良いと思いますが、私個人の考えでいくと、DVDの講座があり、直接講師の顔が見れた方がなんとなくモチベーションが下がらずに澄みました。
また、万が一社会保険労務士試験に落ちたとしても、DVDがあれば翌年以降も勉強でき+法改正部分を新たに勉強すればコストも低くて澄みます。

どの通信講座も20万円前後はすると思いますが、1回ないしは2回の受験で合格すればぜんぜん安いものです。(ちなみに私は4回受験しました。。。)

又、その他のお勧め通信講座としてはユーキャンの通信講座があります。
費用も安くて便利なのですが、やはり受験相談のアフターフォローや問題数の多さなどから考えると、初学者は先に述べた通信講座の方が良いでしょう。

今回は社会保険労務士のお勧め通信講座を紹介してきましたが、次の記事で社会保険労務士のお勧め通信講座を受講するにあたって勉強法をご紹介したいと思います。

是非一度見てみてください。
右斜め下
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社労士試験(資格取得)の為の休日の使い方 3


休日の資格取得(社労士)の勉強場所として、図書館を挙げましたが、
モチベーションを維持するためには同じ境遇の仲間がいる自習室もいいと思います。

たとえば、LECやTACなどの資格取得専門学校に通信生として所属している方は積極的に活用した方がいいと思います。

どうしても家にいるとモチベーションは下がりますし、同じ境遇(たとえ違う資格でも)資格取得の為にがんばっている勉強仲間であることは変わりないので、その空気に触れると
自分もやらなければ!!という気持ちになってきます。

さらに一生懸命勉強している仲間を作るといいと思います。
まずそういう方はしょっちゅう自習室にいます。となると自分も自習室に行かなければという気持ちになります。
そして、そういう方を話をすると自分の未熟さがわかり、焦ってきます!。

やはり1年以上の長期で勉強する為には精神的なモチベーション維持がとても大事になってきます。

特に社労士試験は頭で考えるより、バランスよく暗記する事が大事で、各項目バランス良く点数を確保しないと合格できない資格なので、一定のペースで勉強を進めていくことが大事だと思います。

興味のある方は一度見てください。右斜め下
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社労士試験(資格取得)の為の休日の使い方 2


前回の記事で休日も平日と同じような生活リズム(朝型)で
資格取得の勉強時間を確保する事が重要と述べました。

そこで休日の午前中にしっかりと資格取得(社労士)勉強時間を確保する為には
出来るだけ、早いうちに外出し、勉強する場所に移動する事が重要です。

休日も、平日とほぼ変わらない時間(1時間の誤差くらいなら・・・)
に起床し、朝食・洗濯・掃除をさっさと済ませ、極力10時までには外出する事が大事です。
(前日に夜更かししてしまうとまずこの時間には出れません・・・)

そして私が休日の勉強場所と使用していたのが、
図書館です。(まあお決まりの資格取得の勉強場所ですが・・)

ただ、この図書館も地方の図書館であれば駐車場が設置されている為、問題ないのですが、
駐車場の設置されていない図書館は勉強しに行くのに他で駐車料金をとられるという、駐車料金を気にしながらの勉強になりますので、裕福な家庭の方以外はあまりおすすめ出来ません。

その図書館の場所ですが、自習室があれば一番いいです。
また私は自習室の一番前で勉強するとこが多かったです。

なぜ一番前かというと、理由は恥ずかしいのですが・・・・続きを読む
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社労士試験(資格取得)の為の休日の使い方


前回の記事で述べたように
出勤前・退勤後のマクドナルドでの勉強は効率的にかつ費用もあまりかからない
適切な資格の勉強場所としてご紹介しましたが、休日の時間の使い方も資格取得の勉強法として
重要になります。

とはいえ、社会人にとって休日10時間以上勉強するのも体を壊しかねません。

私は休日は5〜6時間平均勉強しました。
独身なので束縛されることも無く、休日は平均的に勉強しました。

社会人が資格取得を目指す際に、
休日の勉強体制を同じペースで行う為には、規則正しい生活が非常に重要です。

休日もしっかりと勉強の時間を確保するためには、休日も平日同様の生活リズムを行うことが大事です。

その為、前日も明日仕事が休みだからといって夜更かししない→同じ時間に寝て→同じ時間に起きる事が大事です。午前中2〜3時間勉強の時間を確保すれば、上記の時間を確保することが出来ます。

やはり休日といっても、午前中の方が頭が働くため、知識を習得するには効率的な運用方法と言えるでしょう。

又、既婚者の方は午後から夜にかけては夫婦や家族の時間も必要になると思いますので午前中にしっかりと勉強の時間を確保することが大事です。 


ユーキャンの社労士資格に興味のある方は右斜め下
続きを読む
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
3カラム構造