私はチェーンストアの店長をしながら社労士試験に合格し、翌年実務研修を終了し、資格取得条件を満たす事が出来ました。

とはいえ、私は平凡なバツイチサラリーマンで、社労士
の仕事とは直接的には関係の無い仕事をしていますし、上述の通り試験に合格しました。

その為、資格取得後、何か役に立っているものはあるか??
といわれると明確な回答をすることができないのですが働きながらなんとしても社労士のみならず何か他にやりたい(社労士以外の資格取得でも)時間を有効に使って、自分のスキルをアップしたいと思っている方に対して少しでもお役に立てれば思います。

社会保険労務士資格取得に向けて苦戦中・・・
勉強法が分からない
諦めようかなと思っている方

こんな悩みはありませんか?

社労士試験が難しすぎて諦めようと思う。

やる気はあるが勉強方法が分からない

何カ月やっても全然正答率があがらない

長い間勉強を続けられるか不安

仕事や家事で勉強時間が確保できない

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら1

そんなあなたにおすすめの社会保険労務士サイトはこちら2

無料の資料請求をお勧めします⇒


社会保険労務士勉強法2 繰り返しの反復学習


社会保険労務士の試験に向けた勉強を、すすめる上で、完璧主義を、捨てる事を述べてきましたが社会保険労務士の試験は確かに難しい語句や難解な文章があります。
しかしながら、試験は暗記する部分が多く、暗記する事に理解ができることもあります。つまり時間が問題を解決し、理解を進めてくれることがあります。

僕自身も4回の受験を経て社会保険労務士の試験に合格する事ができたのですが、テキストや問題集は30回以上読み直していると思います。

理解はしていなくても、何度も何度も繰り返す事で覚えて行くのです。そうすると問題もとけてきます。問題が解ける頃には内容もそれなりに理解できています。
社会保険労務士の試験は多くの法律を理解していかないといけません。その時には理解できていなくても各法律を横断的に進めて行く事で理解できて行くこともあります。

あまり真面目に考えすぎず、何度も何度も繰り返す。繰り返していけば、頭の中に入って行くかな?
くらいの感覚で、完全な理解が、出来なくとも次々と進めることが大事になってきます。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士 勉強法1 完璧主義を捨てる


以前、社会保険労務士の合格方法について記述させてもらいましたが概要程度の説明でしたので、ここではもう少し掘り下げて説明いたします。

まず、社会保険労務士の試験は100点を取る必要はありません。ただ、各科目一つでも基準点を下回ると合格出来なくなります。つまり各科目バランスよく点数取る事で合格出来る試験なのです。

また、最初は意味のわからない語句や文章が多数登場します。しかしながら読んで行くと、勉強して行くとなんとなくわかる事もあります。初学者の方にありがちなのですが最初に全てを理解する事は到底難しいですし、すぐに忘れてしまいます。ここで全てを理解できなくても大丈夫です。前述の通り、広く浅くが大切です。また、この段階で理解できなくとも、その内の理解出来ますし、合格にも近づきます。その為には理解力より根気が必要な資格と言えると思います。

また、後々記事でも説明しますが繰り返しする事か大丈夫で、慣れてくると物凄いスピードで基本書や問題集を読む事が出来ます。慣れるのは大変ですが出来る様になります。根気強く、全てを理解できなくとも何度も繰り返す事が大事です。
posted by muko at | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
3カラム構造